仏教

人が苦しんでいることを面白がる心

要約 宝塚パワハラ事件 先輩からのしつけ 指導がパワハラで自死した  →  本人たちに悪気はなかった →  自分たちもされてきたことで指導で良くなってもらいたかった スケープゴート  生贄 →  カタルシスを得る 胸がすっとする 人が苦しん...
仏教

夫婦でも業が違うから分かり合えない

要約 業界  業によって運命は決まる →  業 カルマ 行い どれも同じ意味 夫は夫の業界に住んでいる →  会社の悩み苦しみ  妻には理解できない 妻は妻の業界に住んでいる →  姑の悩み苦しみ  夫には理解できない 夫婦でも分かり合えな...
仏教

お釈迦さまのような方でもすべての人に好かれることはなかった

要約 すべての人に好かれることはできない →  皆にてほむる人はなく 皆にてそしる人はなし  (お釈迦さま) 3・4・3(サ・シ・ミ)の法則 →  3嫌われる・4無関心・3好かれる お釈迦さま 当時のインドの人たち →  1/3 嫌われる ...
仏教

人間の命の尊厳とは

要約 仏教   この世は穢土 汚い世界 トキが9羽死でしまったことがニュースになった。トキは希少性動物であるから9羽もいっきに死んでしまうと大きなニュースになる。 しかし、トキの命より人間の命の方が重い →  人間が9人殺されたらもっと大き...
仏教

自分の意見を通したかったら相手の都合を考える

要約 自分の都合 思い 言いたいことを話す →  貪欲 相手の都合 思い 相手の気持ちを受け止めて話す →  布施 慈悲 抜苦与楽 夫婦 上司と部下 営業と顧客 →  相手のことをちゃんと考える 相手のニーズに応えるときに自分の意見を殺すと...
仏教

極楽往きが間違いない身になれる

要約 信心獲得するというは、第十八の願を心得るなり  (蓮如上人) 第十八の願  =  阿弥陀仏の本願 本願とはお約束  =  必ずどんな人をも信楽に救う 第十八の願、本当だったと知らされたことを心得るという →  弥陀の救いに疑いがなくな...
仏教

たった一つの尊い使命のために生きている

要約 どうしたら長く快適に生きられるか →  政治 経済 医学 科学 人間の生をおびやかすもの →  飢餓 疫病 戦争  現代は昔よりはよくなった お釈迦さま  四苦八苦 →  生苦 老苦 病苦 死苦   →  愛別離苦 怨憎会苦 求不得苦...
書籍

『歎異抄ってなんだろう』

アフィリエイト広告を利用しています やがて死ぬのに、なぜ生きるのか。 この人生の根源的な問いに答えを示し、世界を魅了しつづける名著、『歎異抄』。 本書は、仏教や歴史の知識が全くない「はじめての人」でも理解し、答えにまでたどりつける、入門書の...
仏教

ギャンブル依存症になる要因はみんな持っている

要約 間接原因  最近の世の中 縁 →  積み立てNISA自体はいいが、株に関心を持った人が大儲けを考えると危ない 財欲  仏教で教えられる五欲の中の一つ →  欲のない人はいない。すべての人はギャンブル依存症の種を持っている 苦しみ  経...
仏教

心がけ一つで人に施しができる

要約 布施  人に与える 人に親切な行いをする 困っている人を救うのに必要なもの →  お金 権力 知識 健康これらが必要だと感じる 仏教では心がけ一つで人に施しができると教えられる 無財の七施 →  言辞施  言葉を施す 励まし 労い 挨...